スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ艦これ先行試写会

12月27日、アニメ『艦隊これくしょん 艦これ』先行試写会ライブビューイングで一足早くアニメ第1話を観てきました。
821RD-10501.jpg
821RD-10502.jpg

先行試写会ではアニメ第1話上映の他にキャストトークショーや第2話ダイジェスト映像&キャラクター設定画映像の上映、AKINO from bless4によるOP曲「海色」の生ライブという思いの他充実した内容でした。

さて、アニメ第1話の感想。なんともこう歯痒い気持ちでいっぱいになりました。
ゲームでは見れない動く艦娘たちや艦娘同士の掛け合いには感動したし出撃シーンも悪くない、劇伴良し、メロンちゃん。
しかし、抽象化された原作ゲームの要素を考え無しにそのまま映像化してしまっていてシュールな映像の連続に違和感を覚えました(内容な伏せますが観れば分かるかと)。
アニメにはアニメの見せ方があるでしょうし、絵的におかしければ原作レイプと言われようが戦闘スタイルをアルペジオ方式にするくらいの勢いで冒険すべきだったと感じています。艦これの場合“原作に忠実”では他メディア作品としては成立しないタイプのゲームだと思うんですよねぇ。まさに「メディアの違いを理解せよ!」なんですよ(お前んとこの作品の言葉だぞ角川!w)
加えてキャラの台詞もゲーム台詞を無理やりぶっ込む始末でやはり違和感しかない。ぽいぽい言い過ぎっぽい。ハラショー。キャラの扱いがおざなりでなんともお粗末な印象。発表当初から不安しかない製作陣でしたが、ホントやる気あんの?って言いたくなります。

まぁ僕も「俺設定」を拗らせ過ぎてギャップに戸惑っている側面も大きいので、非提督の視聴者は先入観無く純粋にアニメを楽しめるのかなと思います。せめてそうであって欲しいです。。。
自分の場合、アニメ版は「俺設定」の劇中劇とすることでようやく穏やかに鑑賞できる感じです。艦娘に関する情報は軍機だから異なるのは仕方ないね。
1話だけでも言及したいことはまだ山ほどありますが自重します、ハイ。提督として思い入れがある分色々言いたくなるんです堪忍やで。ただストーリーは今後どう化けるか分からないので平常心で見守っていこうと思います。世界観についても今後補足されていくはずなので、艦これの世界観考察の参考になるネタが発見できたらと楽しみにしています(あまり期待はしていない)
もはや俺提督がアニメ艦これに期待するところは一つ、ブリドカット艦娘(鈴谷熊野夕張初風舞風)の活躍です。ブリ艦の魅力を余すところ無く視聴者に布教すること、アニメ版に期待するところ大である!←
最終的にはテノヒラクルーさせてくれる作品になることを祈ります。

頼むぜ、草川さん

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本日の残り時間

twitter
プロフィール

てんのすけ (TEN.)

Author:てんのすけ (TEN.)
趣味に生きる駄人間。
現在海軍に出向中のりっちゃん隊員です。

821R - No.0352 EA

カッティングシートを制作してます 《pixiv》


821連隊本部 (軍事・サバゲブログ)

カテゴリ
リンク
バナー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。